読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンデレラタイムには寝てなくちゃ

お肌のターンオーバーが最も盛んに行われる時間がシンデレラタイム。成長ホルモンがたくさん分泌されて、肌を修復してくれます。その時間帯は午後10時から深夜2時です。

f:id:bonicfan:20161128091602j:plain

そして、成長ホルモンの分泌が活性化する時間帯にプラスして、眠ってから2~3時間後くらいに成長ホルモンがたくさん分泌されるということも忘れずに。

眠ってから2~3時間後がシンデレラタイムに含まれているように、夜更かしせずに眠りにつきましょう!

お風呂は布団に入る1時間前には済ませておきましょう。人間は体温が下がっていく時に眠気が起こるのだそうです。寝ようとする直前にお風呂に入ってしまうと体温が上がってしまうので寝付きが悪くなってしまうんです。

ご飯を早めに済ませ、お風呂も適切な時間に入り、しっかりよい睡眠をとることが美肌をつくる夜のスキンケアのひとつのルールなんです。

ハイドロキノンパックがすごいらしい

できてしまったシミにはハイドロキノンがいいそうです。以前は皮膚科でしか手に入らなかったのですが、今は結構高濃度のものも入手できるようになりました。

f:id:bonicfan:20161127135042j:plain

ハイドロキノンはとっても強い成分なので、全体に塗るものではありません。そして、毎日のケアというものではなくスペシャルケアとして使うのがおすすめ。使い方は綿棒などに取ってからシミの大きさに切った小さなガーゼなどにつけて、シミにピンポイントで使います。ガーゼの上を医療用のテープなどで留めてハイドロキノンパック!超効くらしいです。


ハイドロキノン配合量が4%までなら安全に使えると言われています。高濃度のハイドロキノンを長期間使うと白斑になる危険もあるそうですので気をつけましょう。シミが薄くなったら使用を中止してください。


市場には高濃度のハイドロキノンクリームもあります。6%以上の高濃度のハイドロキノンクリームは、まず、刺激が強くて肌に炎症を起こす危険があること、長期間使わなくても白く色が抜ける白斑を起こすおそれもあることを認識して使いましょう。なんたってメラニン色素を作るメラノサイトを抑制する成分なのですから。

気になるシミにピンポイントパックで!

シートマスクはちょっと短め時間がマル

f:id:bonicfan:20161127110734j:plain
お肌に水分や美容成分をしっかり浸透させたい時にはシートマスクがいいですよね。ぷるぷるお肌を作ってくれるありがたいアイテムです。シートマスクをする時はあんまり長時間つけすぎないようにだけ注意しましょう。もし15分とパッケージに説明が書いてあったら13分あたりで終了!

もったいないと思うなかれ。もしうっかりつけっぱなしにしてしまうと、せっかく頂いた水分がシートに戻っちゃうからです。お肌に潤いを満たしてもらったら、さっと外して次のスキンケアをしましょう。

よもや疲れてパックしたまま寝ちゃったりしたらたいへんですぞ!

夜のお肌のお手入れ基本コース

仕事して疲れて帰ってきても、飲んだくれて帰ってきても、お肌の手入れだけは欠かしてはいけません。だって、眠っている間にお肌の細胞は分裂してターンオーバーしていくんですから。そのための準備としてメイクや皮脂や汚れをしっかり落として清潔なお肌にならなくちゃです。

f:id:bonicfan:20161127091428j:plain

まずはクレンジング。すべりのよいテクスチャーのもので、結構を良くするマッサージをささっとしながらメイクを落としましょう。

クレンジングを落とすためにはティッシュを顔に乗せて軽く押して吸い取る感じにします。ぜったいこすっちゃダメよ。

そして洗顔代わりの蒸しタオルを使うのがおすすめ。蒸しタオルで毛穴をひらきつつ、クレンジングを落とせてめっちゃ便利。洗顔する人は蒸しタオルの後にしましょう。できればW洗顔が要らないタイプのクレンジングを使って、マッサージして吸い取って蒸しタオルでオフするのが肌負担がなくておすすめ。

次は化粧水パック。ティッシュを鼻が出せるように真ん中あたりをちょこっと破いて顔に乗せ、安くてたっぷり使えるプチプラのでいいから化粧水をバシャバシャ染み込ませます。置くのはほんの3分ほど。これでお肌の仕上がりは結構違います。化粧水を染み込ませてから鼻の穴のあたりだけ破くと鼻の頭のしっかり保湿できます。

そして、乳液、もう一回化粧水、もう一回乳液。
これが噂のミルフィーユケア。佐伯チズさんが言ってたんだったっけ?

そして美容液。お好きな効果の美容液をまず、目元にそっとのばします。次に口元にのばします。さらに全体に塗ります。

最後にクリーム。クリームを省いてしまうと水分の蒸発が防げません。肌の保湿のために最後は油分のクリームでフタをして完成です。